*

アートプラスで学ぶ

デザイナーログ

特に当てもなく辞めたので、バイトをしようと考えていました。
バイトの傍ら、デザインの勉強ができたらと思いつつ
ぶらぶらと…。

そんな折り、アートプラスというデザインスクールを見つけました。
ちびぱりの広告だったように思います。
すぐには決められず、他のスクールも見ましたが、
東京が多く、群馬で通えるというのと、なにより安かった。

当時、DTPオペレータのスクールで3ヶ月で2、30万とかが多く、
当然すべて東京でした。安くても、デザインを学べるものは
なかったように感じます。

その点、アートプラスは高碕でしたし、
社会人コースというのもあり、17時ごろからスタートというのも
魅力でした。値段も1年間で28万くらいだったような…がします。

本当に運がよかったと思いますが、
いわゆるデジタルのデザインだけでなく、デジタルとアナログあわせた
授業だったのがとても勉強になりました。

ただ、当時はまったくデザインというか美術を
しっかり学んでいなかったので、センス自体も悪く、
楽しくもあり、つらくもありました。

他の方はけっこう趣味的な方も多く、
いわゆるグラフィックデザインというかっこよさそうなイメージと
おそろしく地味な思考・作業が必要という現実のギャップに
途中から来ない方も多かったです。

私は、仕事をやめているし、とにかくグラフィック関連の
仕事ができるところまでやるという思いがあったので、
先生にくらいつく感じでした。
今思えばちょっと迷惑かけたかなぁなんて思います。

ここでも運が良かったのは、
趣味的な人たちがあまり来なくなってほぼ先生と
マンツーマンの授業でした。

授業自体はつらかったですが、この頃から
個人授業できてるからラッキー♪なんてポジティブにとらえる
思考があったように思います。

結局、経済的な事情もあり1年せずに職につくのですが、
アートプラスの時代はとても楽しかったように思います。
当時は焦りとできないつらさで、もがいていたと思いますが…。


« »