*

納期管理という頭の痛いはなし。

デザインのたんこぶ

グラフィックデザイナーやってます。
最近はウェブデザイナーです。

デザインのお仕事に必ずあるのが納期です。
いわゆる締め切りですね。
これがなきゃー良い仕事かとも思いますが、
コレないとおまんまの食い上げってやつですから。

よくあるのがギリギリになって広告予算がとれたから
ちゃちゃっとつくって出しちゃおう。というもの。
↑このちゃちゃっとが自分でやるわけではないので、
まーいい加減です。

広告担当者などは
予算ができても給料は同じですから、正直仕事が増えるだけ。
できればやらずともよいわけです。

結果、日常に追われて、気づくと期間ギリギリだったり、
上司に「前に言ってたアレどうなった?」などと聞かれて、
慌てて外注に相談。

なので、ちゃちゃっとつくって…となるのですが、
こうならないために、普段から相談できる関係性、
営業が必要になるわけです。

受注してからと、受注前からのスケジュール管理というのが
非常に大切です。スゲー面倒ですけど。

私の場合、基本的には長めに設定します。
小心者なので。締め切り来ると焦るし。
まわりの方は、結構、ギリの入稿日ですすめたりしていました。

でも、「それはあまりにも無責任ではないか。」
と感じていました。クライアントは特に日程は気にしていません。
決められた日程に納品等ができれば良いので、
要するにこちらの舵取り次第なわけです。

なので、この日までに原稿をあげてください。
写真を用意してください。と表にするなりして教えれば
大体やってくれます。やってくれないのは、信頼されてないのでしょう。

その場合、関係性を構築するように
よーく話し合いましょう。

私は本当の入稿日は、前日に入稿済みか、チェックして
データの用意まで済ませておくべきと考えています。
そうして冷静に仕事をすすめることがプロとしての責任だと思うからです。

つまるところ、
クライアントにはちゃちゃっとつくって…と言われても、
デザイナーはしっかりつくるものと思っています。

でも意外とちゃちゃっとつくってる人もたくさんいますケド…。

デザイナーになって感じたことですが、
ほとんどの方が、納期なり、予算を軽く考えています。
ホント、驚くほどに多いです。

だから、受注するときはかなりまめに連絡をとります。
しつこいくらいに。コレ聞いても良いのかな…
と躊躇することもしばしば。

でも最終的には「聞いちゃえ!」と思うようにしています。
聞くは一時の恥。とかいうように、聞いてしまえば笑い話でおわることも
聞かずに手痛い失敗をしたことが多々あります。

そういう数々の失敗を繰り返し
基本的に何事も自分で納期管理を行うようにしています。
仕事をスケジュール管理することで、
冷静に制作時間の捻出ができるようになり、
しっかりしたものをつくる意識が生まれます。

ただし、スケジュール管理といっても
バンバン予定変更があります。もう日常的に。
なので計画どおりに進まないと気がすまない人とかムリです。

予定が変わっても最終日をずらすとか、間を短く調整するとか
柔軟に対応できるアタマがないとやってけないです。

仕事も当然一つではなくて、4つも5つも並行して管理が必要なので
なるべく仕組みづくりをして効率的に行う必要があります。

よくやるのが、定期的な仕事は
やる曜日なり日にちを決めてしまいます。
で、そのルールどおりに動くようにします。

予定通りにできなかったら、そのままスライドしておこないます。
こうすると同じ仕事にかける時間がぐっと減るので
空いた時間を制作時間にしたり、ほかのちょっとした仕事もできます。

こうなると、仕事が増えても楽しいです。
効率的に仕事ができると時間に余裕ができるので、
新たなコトにもチャレンジしやすくなります。

デザインするはじめの頃は、納期とか皆無でした。
でもそれでは生き残っていけないと感じたので、
意識するようにしました。

前向きにスケジュール管理をおこなって仕事をすると
余裕をもって仕事に取り組めて、ポジティブになれますから
おすすめです。

ではでは。


« »