*

デザイナーって何でも屋。

デザイナーログ

なんとか入ったデザイン会社。
しばらく何をやっても怒られていた気がします。

そんな怒られながらも
冷静さもあったのを覚えています。
というのは、試されているというのがわかりました。

コイツはどこまでできるのだろうか?
コレくらいはできて欲しいな。といったカタチで
ちょっとムリかな…という仕事を
徐々にもらいながら、失敗していたと思います。

はじめは先輩が仕事をくれて、
次に新聞社の営業さんが仕事をくれて、
さらに社長が仕事をくれて…と
相手がどんどん高い要求をしていった気がします。

まあ社長からの仕事が一番きつかったと思いますけど。

たとえば、
いきなりこのお店行って写真とってこーい。とか…
手書きのラフを書いて、これ作ってみて。とか…

でもどこかで試されてる…という視点があったので
とにかくクビになるまではできるだろうと
マネでも手伝いでも何でもやったと思う。

1年ほどして、新聞広告は簡単なものなら
作れるようになってきましたが、
まだチラシ制作がキツかったです。

なぜかというと、新聞はほぼモノクロ(1色)。
チラシはフルカラーが基本ですから、
慣れてないというのもあり、
どうもうまく作れませんでした。

キツい理由としては、チラシの場合、
すべてやらなければならないということです。
・打ち合わせ(内容、日程、部数の決定)
・日程管理(印刷も含めた納品までの日程管理)
・見積もり(印刷屋であいみつなどで価格調整)
・制作
・納品
ざっくりこんな感じかと思います。

しかもこれらを一人で行うため
責任も一人で背負うこととなります。
このとき社長には
「デザイナーはすべてやってデザイナーなんだ。
つくるだけではダメ。」と言われました。

そうはいっても、デザイン制作のスキル、経験がないので
提案できる自信もなく、今までのチラシをなぞるかのごとく
先方の言われるがまま作っていました。

それに比べて、新聞広告の場合は、
新聞社の営業さんが仕事を持ってくるため、
レイアウトや内容は、ほぼ決まっています。

そんな中、あるとき先輩に
手伝ってもらっていたチラシ制作。
先輩が忙しく自分で作る状況に追い込まれました。

そこで腹を決めて自分で制作を始めました。
その覚悟のようなもので少しづつチラシのスキルも
上がっていきました。

そのとき、やらないと覚えないなという事を
身体で覚えました。

不思議なものでチラシ制作に抵抗がなくなると
新聞広告の制作にも余裕が出てきました。
引き出しが増えたため自信がついたのだと思います。

デザイナーとしてはまだまだ駆け出しで
不安だらけでしたが、ものすごい低い階段を
じっくり登っていく感覚でした。

デザイナー1年目は焦りと不安でいっぱいでした。
その頃は、アートプラスのころ先生に言われた
「5年後の自分を予測するといい。」といわれたのを
胸にじっと耐えていたと思います。

それでは本日はこの辺で…。


« »